背負子+88きつね森直売所がオープンして10日ほどが過ぎました。食品を扱う店がお野菜を仕入れるのは当たり前のことですが、単独の生産者が看板に名を連ねる形で、しかも中心市街地に直売所を設けることは、かなり稀なんではないかと思います。

88きつね森との出会いは、盛岡市材木町で毎週土曜に催される ‘よ市’ で、前身の ‘アオゲラ農園’ の頃。そこに行けばほぼ例外なくおいしい(そして時には面白い)お野菜が手に入るので、ちょくちょく利用させてもらってました。

彼らは味の及第点を高く設定しており、それをクリアしたものを安価(と言っても差し支えないお値段)で販売しています。まず食べてもらうことを前提に価格を付け、需要が供給を上回るようになったら値上げを考えるとのことです。つまり、一般的な流通には乗せていないけれど、市場原理に則った商いをしているんです。

栽培には農薬・化学肥料を使っておらず、有機認証の条件を満たした畑もありますが、それを声高に喧伝することはありません。作り手が作物より前に出ることも好みません。おいしく育つお膳立てだけして、あとは何もしないのが理想。お野菜頑張れ。あとはよろしく。88きつね森はそんな生産者です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中