息子の表情が暗いのは、遅れて焦って作った陳列が祭壇みたいになっちまったからではありません。せっかく屋外にいるのに父が仕事中で遊んでくれないから。ごめんよ。

今日は毎月11日恒例のまちなかドッグCANへ。高校生のグループが課外授業で社会活動のリサーチにやって来ました。私も色々と話をさせてもらったのですが、中途半端な陳列でなんだか申し訳なかったです。「こ…これがプロの仕事か!」と圧倒される経験を与えるようでなければ。ハゲも中途半端な未熟者め。

午前で催しは終えて、お昼は主催者と学生たち双方からのプレゼンテーション。私もあらためてまちなかドッグCANの歩みを知ることが出来ました。

犬がいると、見知らぬ者同士でも気軽に言葉を交わせることに着目して、地域のカジュアルで緩やかなふれあいの場を目指して始まり、今年で3年目。いろいろとご苦労も多かったそうですが、主催の皆さんに気負いはありません。

最初はPRの一環になればという気持ちで参加し、今でもその色気は失せたわけでありませんが、商い以上の意味の方が大きくなっています。普段はお留守番のうちのワンコたちと、仕事をしつつも一緒に居られるし、彼らに会うのを楽しみにしてくれている方々もいらっしゃいます。ワンコたちとそこにいるだけで喜んでもらえるんですからお安いもんですよね。また、地域の中で私たち家族の認知度が少しでも上がれば、いざという時、例えば息子に何かあったら、誰かが「背負子んとこの子だね?」手を差し伸べてくださる可能性が高まりますよね。地域住民のみなさんとの緩やかな交流が、家族のリスクマネージメントにも繋がるかもしれない。そう考えると、この場に居られることはとてもありがたいことなんです。

そこまで具体的なメリットが感じられなかったとしても、縁もゆかりも無かった人々とワンコ達を介してカジュアルに緩やかに交流するひとときは、なかなかの居心地の良さです。

そんなわけで、毎月11日は高松公園(旧盛岡競馬場跡地)で待ってます。来月は11時ごろからの開催です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中