どんぐりコロコロシンカリオン

「シンカリオンかがやき!!!」のポーズ。

最近テレビが楽しくなってきたらしく、男の子の御多分に洩れずロボットアニメやヒーロー特撮に夢中。こうやって自然に抱かれた環境の中で、退屈せずに遊べるネタを持てるんだから、テレビだって捨てたもんじゃないなって思う。

小岩井のどんぐりコロコロを会場に催されたCRAFT市に、二日間参加。おかげさまをもちまして、四季のひとさじは初日で完売。きつね森のお野菜や山菜、そして花の寄せ植えもよく売れました。土地柄、みなさんお車でお越しで、寄せ植えのような大きい品も躊躇なくお持ち帰りに。所変われば売れる品も変わって面白い。寄せ植えは、ただ植物が育っているわけでなくて、組み合わせやレイアウトなど作る人のアイディアと技術が介入する割合が高い。だから寄せ植えが売れたのはCRAFT市らしい感じがして、イベントとの一体感を得られたような気がする。

雨予報が出ていたけれど、空模様が大きく変わることはなく、二日間とも終日穏やかに過ごせた。ところが、早めに商いを僕らが撤収するやいなや、ポツポツと雨が降り始めた。玲奈さんの晴れ女伝説に、また新たなページが加わった。

初めての出店らしく、たくさんのいつもとは違うお客さま、そして日本各地からやって来られたたくさんの出店者と出逢い。刺激的な二日間となった。樹々に覆われた環境も相まって、安らいだ気分で過ごすこともできた。あれだけの出店者と来場者が集う大きなイベントを取り仕切る、タイマグラの安部智穂さんのパワーとおおらかさ、朗らかさには、本当に脱帽。いろいろと細かな難しさも抱えていらっしゃったであろうに、それを微塵も感じさせない。気に障るとすぐに顔にでる僕には、逆立ちしたって真似できない。

おそらく顔に出てたであろうモーメントを、ついでにこの際記録しておく。どれもご来場者から僕らにかけられた言葉だ。

「野菜は固定種?F1種を避けている。」
食物として考えた場合、忌避するに値するだけの確たる判断材料はない。種を商材として考えるなら、種屋が儲かる工夫も必要なのは、仕事をしたことがあればわかると思う。何か種屋を潰したい事情があるなら、まぁ仕方がない。食べて固定種とF1種の違いがわかる、固定種が圧倒的においしいと思っていらっしゃるというなら話は別だけど、本当に食生活を大切になさりたいなら、まず先入観を脇に置くことから。

「こういうの楽しいでしょ?仕事にしようと思ったら大変ですものね。」
玲奈さんの四季のひとさじに向けられた言葉。仕事でやっております。大変な思いもしています。召し上がりせずに、目の前の人間の手仕事を道楽だと断じるのも、きっと楽しいのでしょうね。どんな鬱憤が溜まってるのか知りませんが、ガス抜きのお役に立てて光栄です。食べて道楽レベルだと思われたなら、猛省して精進します。

「イベントにはよく出店なさるんですか?イベントに出てくれる農家さんを探してて。」
まずあなたは目の前にあるお野菜の味に興味はありませんか?まずはイベントをを観てもらおうって気はありませんか?数合わせのために声をかけることの不躾さに気づけないなら、言葉がどんなに丁寧でも一緒にお仕事はできません。

厳しめの言葉が続きましたが、ぼくらがそれなりの覚悟を持って生業を営んでいることを、これを機会にご理解いただけたら。

ああ、おおらかへの道険し。

背負子 店主

広告

“どんぐりコロコロシンカリオン” への 2 件のフィードバック

  1. 背負子 店主様
    こんにちは。いつもありがとうございます。
    クラフト市ではご無理言ってしまい、失礼しました。
    あの日購入させて頂いたひとさじ2瓶は、強い希望に打ち勝てず、なかなか手に入れられないであろう方々の元へ去って行きました…。私はたぶん、またチャンスがありますからね。お譲りした次第です。残念!
    さて、店主様がおおらかであるかどうか、は別として、店主としての矜持をお持ちである、ということに、私は尊敬の念を抱いております。まぁ、それを私に言われたからってどうなの~!?という話ですけれども…。
    店主様は今のままでいい。あ、でも、もし、変わっていくのならそれでもいい。私としては、背負子イズムを近くで感じられることが喜びでもあります。
    末永く、ブログを読ませて頂きたいです。感謝。

    いいね

    1. 菊池様
      こちらこそ、お付き合いくださるにとどまらず、新たなご縁も結んでくださったりと、感謝に尽きません。いつもありがとうございます。
      わざわざ言葉にせずとも、ただ商いを通じて伝えるべきを伝えていければ一番なのですが、言葉にしておかないといけないような危機感もあり、さじ加減が難しいところではあります。イズムというほどのものかわかりまえんが、ただ素直に五感かを通じて得られるもの、先人たちが培ってきた叡智、商人としての公平さを大事にしていけたらと願っています。
      心をお寄せくださり、ありがとうございます。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中