ショーシャンクの食卓に#31 – 集中と充実と

新年、明けましておめでとうございます。

一年の計があると言われている元旦に、背負子を営業しています。おそらく、そういうことになると思います。つまり、背負子での活動を、より充実させていくだろうということです。

その一方で、能力が追いつかない物事については、ご迷惑をおかけするより、むしろ一旦手を引き、落ち着いて自力をつけていく方向へ舵を切っていきます。そのことでがっかりさせることもあるかと存じます。ご批判は素直に受け入れます。

詳しくは、随時こちらで告知してまいります。


昨年7月に、背負子の窮状を訴えるエントリを投稿しました。そこからどうなったかと言えば、おかげさまで持ち堪えています。あたらしい試みも行ってきましたが、なによりもお客様から頂戴した沢山のご厚意のおかげです。背負子を始めとする私たちの仕事を、紆余曲折ありながらも、付かず離れずお見守りくださっている皆様への感謝には、どれだ言を尽くしても足りないほどです。そのお気持ちに応えるためにも、屋台骨を太く強くしてゆかなければ。あれこれと手を出して中途半端な結果になるより、基本のご飯とお汁がおいしくあるべきように。それには先ず、喘息の発作を抑えなければ。結構しんどいです。

背負子 店主

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中